おすすめのDVDその②

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの感想
私はレオナルド・ディカプリオもトム・ハンクスも大好きなのでこの映画は見ずにはいられませんでした。

嘘を重ねて詐欺を繰り返すフランクとそれを追いかけるFBI捜査官のカールの長年にわたる逃亡劇を描いたものなのですが、フランクの想像もつかない嘘は驚きの連続でみんなすっかり騙されてしまいます。
こんな嘘通るわけないと思うものでさえ持ち前の知能と愛想で難なく溶け込んでしまう彼の腕前は見ていて気持ちがいいくらいでした。
さらに驚きなのがこの映画が史実に基づいているというところです。
だからこそ見ていてすごく面白くラストに近づくにつれどうなってしまうんだろうとドキドキしてたまりませんでした。

そんな無敵のフランクが家族に対してはコンプレックスを持っていて子供のようになってしまうところなど人間味持ち合わせているところがさらに憎めないところでいつのまにか彼に逃げ切って欲しいと祈るような気持ちで見ていました。
FBIのカールも同じようで捕まえた後救いの手を差し伸べてくれたときはなぜか感動すら覚えてしまいました。
フランクの奇想天外な生き方がすごく楽しいのでこの映画はリフレッシュしたいときにすごくいいなと思います。
また音楽もすごくかわいいのでとってもおすすめです。