おすすめのDVDその①

グラントリノを見てすごく感動しました。
グラントリノはクリントイーストウッドが監督、主演を務めた作品で見る前から期待をしていたのですが実際予想以上にいい作品でラストはつい泣いてしまいました。

誰からも尊敬されない孤独な老人コワルスキーが偶然隣に引っ越してきたアジア人の少年と出会い色々と面倒を見ることになるのですがその過程がすごく心温まるものでした。
お世辞にも優しい人とは言えずいつも汚い口ばかり聞いていて神父様でさえ追い返してしまうほどの頑固なおじいちゃんですが、本当は誰よりも面倒見がよく勇敢で強い人です。
それが不器用だからうまく家族にすら伝わらずもどかしいところもなんだか切なくて、やっと隣人とうまくやっていけるようになったときは本当にうれしくなりました。

クリントイーストウッドの作品はできるだけ見るようにしていますが、今回もとてもかっこよく人物の心情をとてもリアルに映し出していたのではないかと思います。
特にラストシーンはわかってはいたけれど見事としか言いようがないほどでした。

この映画を見てまたほかのクリントイーストウッド作品を見直したくなるほどクリントイーストウッドの魅力に惹かれてしまいました。